12月9日◆地球感謝の日◆

2020年12月9日

earth_illust_2334



12月が1年最後の月なことと 【ちきゅう(9)】の語呂合わせにちなんで、青木稚華氏が12月9日に記念日に制定しました


あらゆる命の源である地球に感謝し、その思いを多くの人に伝えていく

ことが提唱されています





こんにちは

おそうじ本舗福島笹谷店の齋藤です

もう朝、お布団から出るのがつらいです
ずーとぬくぬくしていたいと思う今日このごろ…






さて、今回は年末大掃除のド定番、換気扇(レンジフード)のお掃除の仕方を紹介します

ポイントは【温度】【浸け置き】です



まず温度ですが、油汚れは温度が低いと固まってしまい、除去するのに時間がかかってしまいます。
なので、お湯でお掃除することが大事です


次に浸け置きこちらは、油汚れを除去する際に大切なのが
「洗剤の力を最大限に発揮させること】

ほとんどの洗剤は汚れと反応するのに一定の時間がかかります。

そのため、洗剤を塗布して一定時間置き、洗剤がしっかり仕事をして
反応するまで待った方が、結果的に時短になります


1fcd96d0886d3d018e6bc0211db783cf


 では、お掃除術を



用意するものは…

ゴム手袋
新聞紙
重曹
タオル(2枚)
30ℓのゴミ袋
スポンジ
古歯ブラシ
ヘア用リンス(コンディショナー


①コンロの上に新聞紙を置く
お掃除中にレンジフードから垂れてくる汚れや、部品が落ちてコンロを傷つけてしまうことを防ぐため。

②換気扇フィルターを外し、可能であればファンも外す
換気扇のファンはほとんどの場合、手で外せるようになってます。
ファンを止めている真ん中のネジは通常の逆方向、つまり「時計回りで緩む」ようになっているので注意が必要です。
ネジが固い場合は無理に外さない。

③ゴミ袋を使って浸け置き
まず、シンクに傷がつかないようにタオルを敷きます。その上にゴミ袋を2重にしたものを準備し、ゴミ袋の中に外したフィルター等を入れて、40~50℃のお湯をフィルター類が浸かる程度に入れます。

④計量カップ半分(100g)程度の重曹を入れる
重曹を入れすぎてしまうと、塗装が剥がれてしまう可能性があるので注意

⑤ゴミ袋の口を結んで浸け置き
フィルターなどがしっかり浸かるように空気を抜きながら、そのまま10~20分浸け置き

⑥浸け置き中に外せない部分の擦り洗いをする
約40℃のお湯100mlに小さじ1程度の重曹を加えてよく混ぜたものをスプレー容器に入れて作ります。
スポンジに重曹水を吹きつけ、汚れている箇所をお掃除。最後にお湯で絞った雑巾で水拭き、仕上げに乾拭き。

⑦浸け置きした部品を擦り洗い
10~20分浸け置きすると、油汚れが浮き上がって緩んだ状態になります。
ファンは細かく溝が多くあるので細かい部分は古歯ブラシ、面積が広い部分はスポンジを使って擦ります。

ファンについている「バランサー」と呼ばれる部分を動かさないように注意が必要です。
このバランサーを動かしてしまうとあとで組み立てた際にきちんと回らなくなってしまいます。

⑧外した部品を元に戻す

⑨ヘア用リンスを塗って汚れを防ぐ
最後に綺麗な雑巾に市販のリンス(コンディショナー)を染み込こませて、レンジフードの表面に薄く伸ばしながら拭き上げます。



今回紹介した方法で、ある程度綺麗になりますが
物足りないと感じる方は
おそうじ本舗福島笹谷店にお電話ください

☎0120-021-551

見積りだけでも喜んでお受けいたします


IMG_20201022_092637_202010220930081

IMG_20201022_092927_20201022092937

osouji_koukyuu_sp_shop
お見積もり・お問い合わせはこちら